口で呼吸することを控えよう

口内を乾燥させないようにする

通常は唾液によって、口内が潤っています。
唾液は、バイ菌を排除する役割を担っています。
しかし口内が乾燥すれば、唾液の分泌が悪くなってしまいます。
その時にバイ菌が侵入しても、うまく退治することができません。
バイ菌の侵入を止められず、さらに増殖してしまいます。
口臭が気になる原因になるので、口を乾燥させないでください。

口で呼吸していると、乾燥しやすくなります。
普段、意識して呼吸している人は少ないと思います。
1度、鼻呼吸を意識してください。
その時に変だと感じた人は、普段は口呼吸をしている可能性があります。
他に原因があって鼻呼吸ができなかったり、口呼吸になってしまっている人がいるので、専門医に相談しましょう。

歯並びをチェックしてもらおう

鼻が詰まっていることが原因で、口呼吸になっていることがあります。
その場合は耳鼻科に行かなければいけません。
また歯並びが悪いので、口がいつも開いている人がいます。
その人は口呼吸になっている可能性が高いので、改善してください。
残念ですが歯並びは、自分の力で綺麗にすることはできません。
歯医者に行って、矯正してください。

これまで歯並びが悪くて、コンプレックスに感じていた人がいるでしょう。
良いことが何もないので、早く改善してください。
矯正は、すぐに終わりません。
何度か歯医者に通わなければいけないので、時間が掛かります。
途中でやめられないので、歯医者に通院する計画を立ててください。
仕事のスケジュールを調整しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る